「はるさめ」は奈良で多く生産されていますしっかりした歯応えと、小麦のめんとは異なる「つるりん」とした食感を併せ持つ「はるさめ」です。
 最近スーパーでもよく見かける、はるさめスープ人気から 国内産の「はるさめ」は、関心も高まっているように思われます。奈良にある主な企業としては、ひょうたん印・翁印・戎はるさめなどは 皆様もご存知のことと思います。

 2004年に中国産緑豆はるさめ製品の一部に漂白剤(過酸化ベンゾイル)が検出されたことはまだ記憶に新しいことだと思います。その後大きな問題は起きていないものの、ポジティブリスト制度の導入で残留農薬の基準値が厳しくなったことに伴い、原料澱粉や製品検査に多額の費用がかかるため、この基準を超える製品が検出される製品があるともいわれています。

 すべての輸入品に問題があるとはいえませんが、安価品は要注意と考えてもいいのではないでしょうか。