2008年05月

NPO『なら食』研究会のホームページ開設のお知らせ

 この度、ブログに平行してホームページで情報を発信していきたいと思います☆ご愛好のほどをどうぞ宜しくお願いいたします☆


【NPO『なら食』研究会のホームページ】←こちらをクリックして下さいませ☆


平城遷都祭2008・醤(ひしお)の館

 2008年5月3日、4日の両日に平城宮跡で行われました平城遷都祭2008の「大和・食の体験館」に参加しました☆

遷都祭り←平城遷都祭の会場となった平城宮跡は、120ヘクタール(東西1.3キロ、南北1キロ)の壮大な会場です☆









ひしおの館←平城宮跡の朝堂院基壇跡に設営された「醤(ひしお)の館」です☆










ひしおひしおです☆











ひしお←総勢1000人以上の方にご試食して頂きました☆










 平城京があった奈良時代、平城京には大膳職(おおかしわでのつかさ)という宮内省に属し、宮廷の帝の御前の調進(注文に応じ、品物をととのえて差し上げること)や臣下に賜る饗膳(もてなしの料理の膳)をつかさどっていたところがありました。

 その大膳職のひとつの部署に「主醤」という官吏がいて、のち独立して「醤院」と呼ばれるようになり、「醤(ひしお)」を製造、管理していました。
 ひしおをご試食して頂いた醤(ひしお)の館が設営された近辺は、大嘗会(※1)や朝賀(※2)などの国家的儀式や「宴」を行う場となっていたところです。

 1300年前の都にいた人々もここでひしおを食していたのかなぁと思うと古代のロマンを感じますね☆

ーーーーーーーーーーー
(※1)大嘗会(だいじょうえ=天皇が即位後、新しい穀物を初めて神々に供        え、自らもそれを食する祭儀)

(※2)朝賀(ちょうが=古代、元日に天皇が大極殿(だいごくでん)で群臣(部       下)の祝賀を受けた大礼(たいれい=国家・朝廷の重大な儀式))

食の安全について

 私達の食卓を取り巻く環境は年々深刻さが増してきています。
 食に関する情報開示は当然のことですが、情報の洪水にさらされてメディアにコントロールされるのではなく、自分の頭で判断したいものです。
 そこで判断基準の一つにしてもらえたらと前回に引き続き食品の安全についての情報です。

  ********** 避けたい食品表示 **********
 
加工食品名  含まれる食品添加物の中でも避けたい食品表示と不安理由
 
生中華めん  プロピレングリコール・・・・多食すると腎臓・肝臓に障害起こす。

即席めん   リン酸塩(Na)・・・・・・ 多食すると骨の形成異常      
スナックめん     
 

それでは少しでも安全に食べるには、
 ,罎任海椶
◆.ップめんでも一度入れた湯を捨て、あらたに湯を注ぎ調味料をいれる。

  • ライブドアブログ