2009年11月

「奈良の醤油学」

 本日は、奈良女子大学の授業で行われている奈良のことを学ぶ、なら学概論の一環で、『なら食』研究会が奈良女子大学の学生の方々に、奈良の醤油について現場見学を交えた講義を行いました。内容は、奈良の醤油の歴史・文化を中心として、奈良の醤油産業が起こった江戸時代から明治、大正、昭和、平成までの奈良の醤油の変遷、全国の醤油産業との関係についてお話させて頂きました。

Image2950←「全国の醤油、奈良の醤油」というテーマで、横井代表による座学を行いました☆









Image2953←現場見学は奈良市京終町にある江戸時代創業のお醤油屋さんにお伺いしてお話を聞かせて頂きました☆








 学生の皆さんはとても熱心に、私達にってとても身近な調味料であるお醤油から、奈良ならではの醤油の歴史・文化について学びを深めておられました☆

ひしお料理の試食会

 本日は、『なら食』研究会が主体的に関わっている「ひしおの会」で醸造している「ひしお」を用いてつくった料理の試食会を行いました。

ひしおの試食←ひしお料理をひしおの会のメンバーで試食し、いろいろと意見交換を行いました☆







 これまで、ひしおの広報活動で皆様に試食してもらったおりに、ひしおの食べ方について、どういったものがありますかというお声を多く頂きました。そうしたお声を反映させて頂きまして、幅広いひしおの料理法をこうした形で検討しております。

 その検討具合は、良好☆ひしおを使った料理レシピの完成にむけて着実に進んでいます。どうぞお楽しみにして下さいませ☆

ひしおの会−「ひしおの広報・試食イベント in 浮雲園地」−

 本日は、『なら食』研究会が主体的に関わっている「ひしおの会」で醸造している「ひしお」の広報・試食活動で、奈良公園の浮雲園地で行われたイベント「つながるマーケット」に足を運びました。

Image2707←2010年にむけて完成間近のひしおを試食して、ご意見・ご感想を頂きます☆







Image2713←多くの方々に試食をして頂き、ひしおに関するアンケートにご協力して頂きました☆ありがとうございます☆






 今回のイベントでは、これまでのひしおの活動の成果か、ひしおについてご存知の方がかなり多くなっている印象を受けました。生産者・消費者共に共感しあいながら、2010年にむけて奈良のひしおとして歩んでいっている感覚が、イベントに参加する度に強くなっている気がします☆

  • ライブドアブログ