2010年05月

平城遷都祭2010 「大和・食の体験館」

 昨日、今日と平城宮跡で行われた平城遷都祭2010「大和・食の体験館」に参加しました。「大和・食の体験館」は、『なら食』研究会が企画の段階から多くの方々と協働して作り上げてきた催しものです☆
 
 「大和・食の体験館」は、「胡瓜のひしお添え」「むかごの塩ゆで」「古代米ちまき」「鮎のナレズシ」「万葉きゃらめる」「葛干菓子」「索餅(さくべい)」を『万葉プレート』としてちりばめて、平城遷都祭2010に訪れて来て頂いた方々にご提供させていただきました☆

Image3739←平城宮跡内にある交流ホールで「大和・食の体験館」が開催されました。










Image3737←たくさんのボランティアスタッフと一緒にスタートです。









Image3689←万葉プレートです☆










Image3731←ボランティアスタッフの方々と一緒に両日あわせて約2000食ほど作りました☆









Image3667←会場には、万葉プレートを紹介したパネルが並べられました☆









Image3740←会場に訪れた方々に奈良の食の文化についてお話をする横井代表。









Image3714←会場外にある「まほろばステージ」でも多くの方々に発信させて頂きました☆









Image3703←「古代ひしお」も多くの方々にお披露目されました☆









Image3756←多くの方々の力が結集されて、そして、多くの方々に訪れて頂いて無事に2日間が終わりました☆ありがとうございました☆


アースデイ平城京2010

 本日は、奈良市の平城宮跡にある平城宮跡資料館の講堂で行われたアースデイ平城京2010に参加しました。

Image3659←会場の平城宮跡資料館です。











Image3692←研究成果を準備していきます。









Image3693←完成です☆内容は、食の「社会環境」に焦点をあてて、具体的な事例として、私たちの食生活に身近な茸(椎茸・松茸等)を取り上げて、その栽培方法が社会環境によって変化している観点や、古くは万葉集にも茸が読まれた詠歌があることを通じて、食と社会環境、そして奈良とのつながりを発表しました。





DSCF8473←『なら食』研究会の活動についてプレゼンテーションもさせて頂きました☆








Image3697←多くの方々でにぎわいました☆








 そして、多くの方々に会場で「食と環境」に関するアンケート調査にご協力頂きましたことをご感謝致します☆
 頂きましたアンケートは今後の『なら食』研究会の活動に活かして頂きます。ありがとうございました☆

※「アースデイ」は、地球の環境破壊や汚染などについて、考え、行動する日として1970年にアメリカから提唱された活動で、一般的にアメリカで第一回目のイベントが行われた4月22日がアースデイとされています。日本におけるアースデイは4月22日の前後あたりで行われる傾向があります。
  • ライブドアブログ