本日、第23回奈良の『食』発見ツアーを開催いたしました☆
 今回は奈良の素麺と水をテーマとしたツアーです。素麺は元来、農閑期の仕事として成立してきました。現在では一年中製造されていますが、そうした素麺をつくる過程を見学させて頂きました。

第23回奈良の『食』発見ツアー←素麺の製造工程についてのお話を伺いました。










第23回奈良の『食』発見ツアー (2)←製造工程を見学させて頂きました☆










第23回奈良の『食』発見ツアー (3)←素麺づくり特有の伸ばす作業体験をさせて頂きました☆









 奈良の三輪で作られる素麺には「誉(ほまれ)」、「瑞垣(みずがき)」「緒環(おだまき)」)」、「神杉(かみすぎ)」と、素麺の暑さによって多様な名称があります。細いほど高級とされていますが、そうした素麺をつくる工程、歴史を体験を通じて学ばせて頂きました。


第23回奈良の『食』発見ツアー (4)←昼食は、地元契約農家から仕入れた有機野菜を中心とした直接仕入れの関係性の中から料理を提供しているフレンチレストランで頂きました☆






 午後からは、私たちの生活に欠かせない水をテーマに、そうした水がどのような背景のもとに私たちの生活の中に届くに至っているのかという観点から、奈良の水について見学させて頂きました。


第23回奈良の『食』発見ツアー (5)←奈良の水が家庭に届くまでのプロセスのお話を聞かせて頂きました。









第23回奈良の『食』発見ツアー (6)←現場の見学をさせて頂きました。










第23回奈良の『食』発見ツアー (9)←取水場と浄水場を結ぶ導水トンネルのサンプルパイプです。









第23回奈良の『食』発見ツアー (7)←見学させて頂いた施設では、平成17年から太陽光発電によって電気を浄水場内の各設備に供給しています。








第23回奈良の『食』発見ツアー (8)←勢いよく流れています☆










 見学させて頂いた施設の水源は吉野川・紀の川で、そうしたところから取水された水がどのようにして私たちのところまで送られてくるかということを、改めて実感させて頂きました☆