本日、第29回奈良の『食』発見ツアーを開催いたしました☆
 今回は、奈良の鶏卵と防災についてを学ぶツアーです☆

←奈良県産の卵を生産、出荷している場をご案内して頂きました。








←生みたての卵です☆










←その場でパックに詰められます。









←卵を割って頂き、鮮度を拝見させて頂きました☆









 実際の生産現場を拝見させて頂くとともに、卵の生産状況、流通、消費までに至る多様なプロセス、時流等をとても詳細にお話頂きました☆


←昼食は古民家を改装したカフェで、薬草と地元で採れた野菜をふんだんに使用した料理を頂きました☆






 昼食後は、震災における食と震災時の生活の中における備えという観点から、防災についての知識を学びました。

←昔のポンプ車が展示されていました。









←模擬体験も行いながら、防災についての知識を深めました。







 奇しくも本日は、2011年3月11日に甚大な被害を出した東日本大震災から5年の日です。生活の中において様々な防災を食はもちろん、あらゆる面からその身に落とし込んでおく重要性を参加者一同、学ばせて頂きました。