本日、第30回奈良の『食』発見ツアーを開催いたしました☆
 今回は、奈良の番茶と当帰についてを学ぶツアーです☆

 日本人は暑い夏に水分補給に、昔から普段使いのお茶として番茶を飲んできました。私たちがよく知る煎茶製法は、茶葉を摘んで蒸して揉み、温風で乾燥させたものをいいます。この蒸し製の煎茶が民間に出回るのは江戸時代の中頃以降で、番茶の歴史は煎茶よりも古く、日本茶本来の姿を留めています。そのような番茶づくりの現場に訪れました☆

第30回ツアー←雨に濡れて艶やかな茶畑です☆









第30回ツアー←生産者の方々からお話をお聞きしました☆









第30回ツアー←蒸しの製造工程を拝見させて頂きました☆









第30回ツアー←蒸し中です☆










第30回ツアー←色の変化が顕著です☆










第30回ツアー←蒸した茶葉を広げて天日で乾燥させます☆









第30回ツアー←天日で干した茶葉も拝見させて頂きました☆








 奈良県には吉野川流域から山間地帯まで広範囲に茶が栽培されていた記録があり、その中「吉野大淀日干番茶」は煎茶の製法が伝わる前からあるといわれています。そうした番茶の製法をじっくり拝見させて頂きました。


第30回ツアー←昼食は、奈良の郷土料理の柿の葉寿司を頂きました☆











 昼食後は、大和当帰の見学に伺いました。奈良県での生薬の歴史は古く、江戸時代になると「大和当帰」の栽培、生産が始まりました。そのような歴史のある生薬づくりを行っているとともに、循環型農業を中心に環境に配慮した栽培と、種まきから出荷まで一貫した管理体制のもと、食の安心・安全を心がけた農業を行っている現場に足を運びました。

第30回ツアー←現地でお話をお伺いしました☆









第30回ツアー←大和当帰です☆










第30回ツアー←大和当帰を活用した様々な加工品についての説明・試食等をさせて頂きました☆






 奈良の番茶と当帰についての学びを深めた1日になりました☆