本日、『なら食』研究会と奈良女子大学が連携して行っている「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の平成28年度地域連携事業の一環としての体験型食文化観光を開催し、多くの学生が参加しました☆

ツアー←大淀町の番茶づくりを見学に行きました☆









ツアー←大和当帰を見学し、実際に手に取って、その香りを体験しました☆