奈良ひしおみそは、奈良県の竹内(たけのうち)あたり一帯は昔から、水に癖がなく水量に恵まれ温暖な峠の里で、この地で栽培されていた裸麦の丸麦と黒豆と塩と豊富な水とで、おかいさん(おかゆ)やご飯にも良く合う「ひしお味噌」を作っていました。

奈良ひしおみそ←上記の奈良ひしおみそを『なら食』研究会が作りました☆